上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また、ニューヨークに遊びに行ってきました。よ。

今回は、旦那君と二人で出かけました。
目的は、トライベッカにある、『松玄』という洒落たお蕎麦屋さんの、さんたて(挽きたて、打ちたて、茹でたて)蕎麦。
この『松玄』さんは、フランス料理界の重鎮ジャン・ジョルジュさんと、日本で多くのレストランを展開する松下3兄弟がタッグを組んでオープンしたお店らしいです。
ガイドブックに掲載されていた、鴨せいろが、とっても美味しそうだったので、期待に胸を大いに膨らませて食べに行ったのでありました。
プリンストンジャンクション駅からNJトランジットにユラレて70分(土日は特急が無いのだ)、NY Penn Stationで地下鉄?番線に乗り換え、Franklin Stで下車し、徒歩数分で、お店に到着しました。
地下鉄は、今回初めて乗ったのですが、想像していたより、判りやすく簡単でした。
東京の地下鉄の方が難しい気がします。

お店外観
P1070716.jpg
外観からは、蕎麦屋雰囲気は全く感じませんでした。
P1070718.jpg

窓に掛かったシェードには、soba cuisineの文字が。

お店に入ると、日本人のマネージャーさんと、フロア係の女性が、「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えてくれました。
ランチは12時~なので、12時5分頃に到着した私達は、最初のお客となりました。
お店の中は、天井も高く、席数は多いけどユトリがあって、とても落ち着ける雰囲気。
そして、板さんは男前。

早速、メニューを見て、自家製豆腐(8ドル)と、目的の鴨せいろ(18ドル)&超豪華うにぶっかけ(32ドル!!)をオーダーしました。
最初にお豆腐が来て、10分位でお蕎麦が運ばれてきました。
P1070707.jpg
豆の味は、そこまで濃くなかったですが、甘くて美味しいお豆腐でした。

P1070710.jpg
待ちに待った鴨せいろ!
アメリカで初めて食べた更科そばは、コシがあり美味しゅうございました。
鴨の出汁がたっぷり出た鴨汁も美味しかったです。
鴨せいろって、日本で食べても、お蕎麦の量が少なめなことが多いので、NYだし、お蕎麦はチョロリとしか出ないのかなあ、と思っていたのですが、女性なら十分満足できる量でした。

P1070712.jpg
初めて食べる、ウニと打ちたて蕎麦のコラボレーション。
お値段だけあって、美味しいウニがたっぷりのっており、茗荷、ネギ、青じその薬味と合わせて食べると、それはそれは爽やかな美味しさ。
高いので、毎回食べるには躊躇しますが、何度でも食べたくなる一品でしたー。

蕎麦湯も楽しんで、結構満腹になったのですが、食い意地が張っているので、食後のデザートに、松玄パフェ(11ドル)をオーダーしてみました。
P1070713.jpg
バニラビーンズタップリだけどさっぱり系のバニラアイス、小豆、黒蜜、わらび餅、旬の果物(苺&マンゴー)が入ったパフェ。
サッパリだったので、満腹でも美味しく食べることが出来ました。
わらび餅が、とても美味しかったです。
今度は、わらび餅単体でオーダーしようと思いました。

というわけで、結構高価なランチとなりましたが、美味しいお蕎麦を堪能でき、大満足な一時を過ごせました。よ。
マネージャーさん(松下3兄弟の一人)曰く、お客さんの日本人の割合は、2割程度らしいです。意外!!
また、近いうちに出かけたいけど、お財布と要相談なので、次に行くのは秋頃かなあ・・・。

お蕎麦の後は、6月8日にオープンしたばかりの新名所(だと思う?)The High Line&チェルシーマーケットに出かけました。
その模様は、また後日、書きたいと思います。
(久しぶりに、MBTサンダルを履き、12キロほど歩いたからか、未だに筋肉痛っぽいです:笑)

『松玄』
住所:241Church St(Leonard Stの角)
電話:1-212925-0202
交通:地下鉄①線 Franklin St駅徒歩5分
営業時間:
ランチ 12:00~15:00 
ディナー 17:30~24:00(金、土~翌1:00)
バー 17:30~24:00(金、土~翌2:00)
定休日:月




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://azumimironlulumako.blog67.fc2.com/tb.php/84-de25e498
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。